大阪市運動療育型児童発達支援・放デイ Kids Labo123です。

2月3日は節分!!

そもそも節分の時に、なぜ豆を撒くのか・どうして豆なのか。ということを

子どもたちにも分かり易く紙芝居でお話をするところからスタート!

季節の分かれ目として、邪気や病気を目で分かり易くするために鬼と見立てていました。

そして、春が近づいてくると山から鬼たちは下りてきて人間たちの農作業を邪魔したり

人間たちに風邪をひかせたりと鬼の仕業に人間たちが困っていると神様から

「豆には鬼を退治する力があるから、来たところに撒いてみなさい。

その時に呪文として、鬼は外・福は内。を唱えるんだよ」と教えてもらった人間たちは

言われた通りに鬼たちに豆を撒いてみると、たまらず鬼たちは退散していきました。とさ。

紙芝居が終わり、豆撒きの準備も終わるとともに・・。キッズラボにも鬼がやってきました!!

キッズラボでは、豆の代わりに新聞紙のボールで行いました。

子どもたちは笑顔で「鬼は外・福は内」と大きな声で言いながら新聞紙ボールを

鬼に投げておりました。

子どもたちの迫力と豆の力で鬼はたまらず退散・・・。

子どもたちのおかげでキッズラボには鬼が居なくなりました。

子どもたちはやっぱり元気が一番ですね♪

Kids Labo123では随時見学・体験を受け付けております。06-4304-1230へお気軽にお電話ください。