大阪市運動療育型児童発達支援・放デイ Kids Labo123です。

この頃、また一段と夕暮れになると寒さが強くなる日が増えてきましたね。

ご家族揃って、体調はお変わりありませんか?

キッズラボの子ども達は、とても元気にいつも来所してくれます。

今回は、1文字カルタ(ひらがな・漢字)・イラストカルタを使っての療育を行いました。

一定範囲の床にカルタを広げて、職員の指示するカルタをお友達よりも早く

お手つきなしで見つけれるか。という

色んな角度で物を見る力・カルタの位置を覚える短期記憶力・

しゃがんで取るため足腰の力…など、一口でカルタと言っても様々な力を使っているのです。

3才~5才は、イラストカルタ・1文字ひらがなカルタ。を使用し職員の指示で

「うさぎのう」や「わにのわ」「難しい を」など分かりやすい単語と一緒にお題を出しカルタをたくさん獲得させました。

獲得できたカルタで動物の名前や物の名前を作るなど、限られた文字の中で

いくつ自分の知っている言葉を作れるかという言葉の認識力も同時に養いました。

小学校1年生~4年は、1文字ひらがな・今まで習った漢字で尚且つ、よく書き間違える漢字でのカルタを行いました。

小学生はさらにレベルを上げて、待機時にカルタを記憶させないためにカルタに対して後ろ向きで待機をさせて

お題が出されたら振り向いて探す。という少し変わったカルタのやり方を行いました。

1文字ひらがなカルタの場合は、作る文字を職員が提示して文字を探して作れるか。や「道具の名前」「動物の名前」と

お友達と文字が被らないように作れるか。など頭の回転・物の名前の認識・記憶を養いました。

漢字の場合は、「休」や「体」「走」や「歩」など形が似ているものは、はやり聞き取りをして獲得するときも

子ども達はお手つきをしてしまいました。

でも、お手つきをしても、怒ることも嫌がることもなく「これ、体やった~(*`艸´)ウシシシ」や

「あぁぁぁぁぁぁぁ!これ違うやん(〃艸〃)ムフッ」と間違えてしまったことも笑いに変えて楽しんでおりました。

そして、小学生にも獲得したカルタで言葉を作らせました。

ひらがなが無い分、難しかったかぁ…。と職員が思う気持ちを覆すかのように子ども達は試行錯誤しながら

たくさんの言葉を作ってくれました。

さすが小学生は違うな…。と改めて驚かされました。

子ども達からもカルタシリーズは好評のため、学習の時間に使用したりまだ暫くは療育でも活躍するものだと思います。

また、Kids Labo123では随時見学・体験を受け付けております。06-4304-1230へお気軽にお電話ください。